CIMG1308.jpg

扇形の車庫に、往年の黒光りするSLが多数。

京都の梅小路蒸気機関車館。

今も走る汽笛を鳴らして、ミニSLと、大きな車輪。

そして、アナログな無数のメータの数々。

「デゴイチ」で親しまれた、D51のマーク。

CIMG1305.jpg

CIMG1310.jpg

CIMG1314.jpg

CIMG1315.jpg
スポンサーサイト

CIMG1142.jpg

視聴率はイマイチながら、毎週見てます「八重の桜」

幕末の「大政奉還」では必ず登場する「二条城」

歩けば小一時間はかかる城の中と、桜で有名な広大な庭園が

見所です。

CIMG1144.jpg

CIMG1226.jpg

ディズニー・ランドと違って、USJはとかく度派手。

火薬の使用量もまた、何倍か、と言わんばかりの大爆発は、

「ウォーター・ワールド」のワンシーン。

CIMG1220.jpg

「Dコン様」の運転する巨大ファンを搭載したエアーボート。

これで観客席にファンを向けたならば・・・、嗚呼、大量の水しぶき。

いや、冒頭の演出で、前列にいる観客にバケツで水をぶっかけるので、

まあ、ほぼ確信犯。

CIMG1212.jpg

バック・トゥ・ザ・フューチャーの「デロリアン」。

CIMG1213.jpg

小型恐竜に襲われる「ジュラシック・パーク」のワンシーン。

CIMG1233.jpg

春のUSJ祭りはこれにておしまいで候。

CIMG1214.jpg

「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」でスプラッシュ!!

前回のUSJの「スプラッシュ・マウンテン」よりは確実にズブ濡れ覚悟の

落ちモノアトラクション。

故に、寒い日、冬場は案外空いております。

個人的に気に入っているのは、ここで見られる立派な滝。

夜も、昼も、幻想的。

CIMG1215.jpg

CIMG1235.jpg

そして、最近、数時間待ちは当たり前の、絶叫系コースター

「ハリウット・ドリーム・ザ・ライド」

特に、期間限定の「バックドロップ」は、昼過ぎに並ぶと、乗れるのが閉演前という、

異常な人気ぶり。

CIMG1230.jpg

次回は、もっとズブ濡れ。

CIMG1238.jpg

ディズニー・ランドで、久しぶりにテーマパークの血潮が疼いて、

地元にてUSJにも出かけました。

前回の訪問から、一年半ぶり。ディズニー・ランドほどではないが、

数年前と比べると、かなり華やかになったなあ、という印象。

子供に大人気の、ユニバーサル・ワンダーランド。カラフルな風景ここにあり。

CIMG1203.jpg

CIMG1206.jpg

CIMG1232.jpg

CIMG1210.jpg

CIMG0937.jpg

春のディズニー祭りも最終回。思えば五月も終わり。

TDLの人混みに疲れたら、トムソーヤ島。

のどかで静かな、ミシシッピ川畔のオアシス。

ハックル・ベリー・フィンの木の上の小屋、水車小屋、

水をかける「オロロン岩」。

CIMG0943.jpg

CIMG0945.jpg

「スプラッシュ・マウンテン」

TDLでも最も長い待ち時間になることの多いアトラクション。

ディズニーランドの写真日記は、これにておしまい。

意外と多かったなあ。。。


CIMG0957.jpg

CIMG0959.jpg

P1020736.jpg

京都の平安神宮のとなり、京都動物園の通りを歩くこと数分

超絶行列をハッケン!!

開店前から待ち時間発生。そしてピークは驚異の数時間待ち。

京都「山元麺蔵」。

P1020741.jpg

「土ごぼう天ざるうどん」

和風だしの上品なお味。スマステーション他に紹介され、

全国でも指折りの行列店に。

P1020739.jpg


〆には「お手製・杏仁豆腐」

P1020743.jpg

CIMG1268.jpg

梅田から、阪急でわずか一駅。「中津」の極細の駅を降り、

十三に向かって少し歩くと、何やら怪しげな高架下に遭遇。

不気味に怪しげに映し出される、倉庫街は、廃れたアメリカの通りを彷彿させる。

ゲリラ的に映画の撮影や、グラビア撮影に使われる、

何処までも続く、迷宮のような、アートな空間。

CIMG1265.jpg

CIMG1273.jpg

CIMG1276.jpg

CIMG1280.jpg


CIMG1255.jpg

びわ湖の風景、後半は、におの浜から見る大津、

そして、比叡山とびわ湖の風景。

大型客船ミシガンと、小さい漁船に揺られバス釣りの人。

ランドマークと、緩やかに放物線を描く湖畔。

CIMG1254.jpg

CIMG1257.jpg

CIMG1259.jpg

CIMG1243.jpg

ようやくあたたかくなり、お出かけの季節になった五月。

びわ湖の南岸を、自転車に乗って散策。

石山駅~瀬田駅間に、唯一、びわ湖を横切る陸橋が。

ここは、瀬田川の起点、そして、淀川となり大阪湾へ通じます。

CIMG1244.jpg

琵琶湖には八つの風景があり、ここは「粟津の晴嵐」。

ただの湖畔ながら、緩やかなカーブの先に、びわ湖が広がる。

CIMG1247.jpg

膳所公園。昔は、お城だったところ。

大津の市民の憩いの広場。

CIMG1251.jpg

琵琶湖畔に咲く、色鮮やかな芝桜。

明日もまた、びわ湖の続き。

CIMG0929.jpg

三日目は再びディズニーランドへ。

この日も大賑わいで、開園数十分で、ビックサンダーマウンテンに

長蛇の列。ファストパスも即完売。

CIMG0931.jpg

CIMG0915.jpg

ウェスタン・リバー鉄道に乗って、古き良き開拓時代のアメリカを探索。

開拓時代のアメリカを再現したこのエリアは、意外と空いています。

CIMG0935.jpg

CIMG0947.jpg

次回は、トムソーヤ島へ移動。

ディズニーランドの旅も、いよいよ終盤へ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。