P1000500.jpg

一眼レフの写真で、やってみたかったこと。
それは、光の残像写真。

もっともポピュラーな写真といえば、高速道路の写真。
一見、何の変哲もない、高速道路。
しかし、露光状態にして、車が通過すれば、
ヘッドライトの光跡が、このような写真に写り込みます。

この場所は、名神・吹田SAの陸橋からの撮影。
ドライバーへの安全のため、くれぐれも誤って、フラッシュを
焚かないようにすることです。
スポンサーサイト

P1000493.jpg

展望台「六甲枝垂れ」では、檜で出来たユニークなフレームから、
様々な夜景をのぞき見することができます。

そんな風景を集めました。

P1000481.jpg

P1000490.jpg

ここからの夜景もまた、美しいです。

P1000494.jpg

掬星台からは、約三十分。
六甲ガーデンパレス側は、やや空いているため、
こちらを後回しに。ただし、展望台は午後八時半で終了のため、
少し早目の移動を。

六甲ガーデンテラス

P1000485.jpg

六甲山には、夜景スポットが「掬星台」に次いで、
もうひとつ、特に最近出来たユニークなスポットが。

六甲ガーデンパレスに新設された「六甲枝垂れ」。
建築家・三分一博志氏の設計で、天然の氷室を兼ね備えた、
ユニークな展望台です。

P1000480.jpg

ここでは、ユニークな被写体に出会います。
それは、また明日のお話。

P1000462.jpg

掬星台から、東は大阪、西は神戸まで、
六甲山麓の山々、大阪湾を一望できます。

百万ドルの夜景も、実に気まぐれ。
特に、秋から冬にかけて、大気のやや不安定な頃、
低空の雲にさえぎられて、あっという間に雲隠れ、なんてことも。

霧の多さも、六甲の特徴。
京阪神でスパ抜けて雨の多い地域なのです。

P1000466.jpg

P1000473.jpg

六甲山は、北と南から入ることができますが、
約九百メートル程の斜面をつづら折りで登るため、
ドライブコースは、かなりきつめ。
酔い止めの準備を。

この後、六甲ガーデンパレスに行き、麓に降りた頃は、
かなりフラフラでした。

掬星台は、手前にパーキングがあり、車をそこで停めるか、
摩耶ケーブルで向かうかのどちらか。
車の場合は、薄明後に向かうと週末は渋滞(車庫空待ちに三十台近くが並んでました)
するので、夕暮れ前に向かうのがベターです。

モヤがかかる薄明直前の一瞬を狙うのがいいかも。

掬星台

P1000460.jpg

神戸は、港町から一気に六甲の山岳地帯にせりあがる
特徴的な地形にあります。
それゆえ、港町神戸の夜景を望む、日本屈指の夜景スポットが
存在します。
それが、「摩耶山・掬星台」です。

P1000465.jpg

P1000471.jpg

太陽のように映り込んでいるのは、月です。
約5秒間の露光で写しています。
オートモードで一瞬のシャッターを切るだけでは、なかなか見た目の光量を
写しこむことができません。

勿論、三脚も必要です。
ただ、夜景を見に、たくさんの方が訪れているので、
邪魔にならないように、ささっと、撮ってしまうのが
いいかもしれません。

P1010927.jpg

札幌から、小一時間。
日本海に面した港町、小樽に到着しました。

西洋文化の折混ざった街。
ガラス工芸品の店が多く軒を連ね、倉庫街、西洋風の街並みと、
色々目につきます。

お寿司屋さんも多く集まります。

P1010928.jpg

P1010931.jpg

九月中旬にも関わらず、日中の気温約15度。
薄着で来てしまった私は、既に風邪気味になってしまっていました。。

北の大地、あなどるべからず。

P1010933.jpg

それでは、今回の北海道旅行三日目、最終日のルート紹介。

北海道3日目


P1010921.jpg

札幌のシンボルと言えば、やはり「時計台」。
懐かしい鐘の音が、札幌の街にこだまします。

P1010919.jpg

P1010922.jpg

街中を観光した後は、いよいよ、北の大地の最終地、小樽に向かいます。

P1010910.jpg

夕焼けを背に、一路、札幌へ帰還。
いよいよ、明日は最終日となりました。

北の大地の、大都市「札幌」。
ここでは、究極の海鮮丼をいただくことにしました。

P1010912.jpg

いや~、旨いですな。
さすが、北の大地のフルコースなり。

夜は「すすきの」の歓楽街へ。
隠れ名所発見。超すがすがしく用を足せる、天空の便器です。

P1010916.jpg

最後は、すすきのの夜景でおわかれしましょう。

P1010917.jpg

それでは二日目のルート紹介。
走行距離450キロの長い旅程となりました。

北海道2日目

P1010898.jpg

美瑛より少し南下し、富良野に到着。
ここは、ルール~、ルルルルル~ ル~ とハミングすれば、
聞こえてくるのは「北の国から」のテーマ曲。
そのドラマの舞台の街。

何処までも広大な景色が、爽快にさせてくれます。

P1010899.jpg

P1010900.jpg

遠くに、十勝岳が見えます。
景色がよくないと、その全容は見えない場合が多いそうです。
今日は、どうかな?

P1010905.jpg

P1010908.jpg

P1010895_2.jpg

美瑛のフラワーパークより、引き続いて。

緩やかな波のような曲線の丘陵地帯に沿って、
花で出来たカラフルなボーダー柄がよく映えます。

北の国の代表的な景色ですね。

P1010891.jpg



P1010893.jpg

美瑛のフラワーパークより。
色とりどりの花が、敷地一面に咲き誇り、
鮮やかな彩りを見せてくれます。

晴れてきました!。

P1010885.jpg

P1010888.jpg

P1010889.jpg

P1010873.jpg

旭川を南下すると、車窓から一気に景色が開けて、
美瑛の美しい景色が展開するようになりました。
雲の多い、天気となりましたが、テレビで見たような、
絵になる景色が次々と現れるのです。

P1010877.jpg

P1010879.jpg

P1010880.jpg

P1010865.jpg

オランウータンの空中綱渡り。
十数分粘って、ようやく、決定的瞬間をゲットしました。
旭山動物園の最終回は、陸上の珍獣たち大集合です。

P1010860.jpg

P1010826.jpg

P1010837.jpg

P1010815.jpg


引き続き、旭山動物園から。
陸上の猛獣たちの、ユニークな振る舞いを
収めることができました。

P1010812.jpg

P1010817.jpg

P1010820.jpg

P1010809.jpg

「旭山動物園」より。

白クマ、ペンギン、アザラシ。
それぞれ、独立した建屋に、自然に近い形で、
観察ができます。

P1010793.jpg

P1010845.jpg

P1010776.jpg

翌日、登別と別れを告げ、一路北進。
昨日まで降っていた雨は上がり、やや快晴。
しかし、札幌を超えたあたりで、怪しい雲行きに。。

P1010778.jpg

こんな時は、茶でもしない?。
このパーキングで。

P1010781.jpg

遠路、三時間。
ようやく、次なる目的地、旭川に到着。
人生で、一番の北の地にやってきました。

そして、旭川と言えば、ラーメン・・・いや、
あさひやま動物園でしょう。

P1010782.jpg

P1010756.jpg

本州は晩夏でも、北の国は既に秋。
すすきの穂も揺れ、間もなく冬の訪れを感じます。
ドリフターズの歌でおなじみの、最初の目的地は「登別」。

P1010759.jpg

「登別」は、地獄谷にちなんで、
鬼がシンボル。
街の至るところに鬼がいます。

P1010762.jpg

閻魔堂発見。
ここに、閻魔大王さまが鎮座しておわしました。

P1010771.jpg

一日目のルート紹介です。

北海道1日目

P1010740.jpg

昨年行った、初秋の北海道の旅を、
その時に撮った、写真をもとにプレイバックします。

千歳空港を降り立った後、バスに乗って最初の目的地「登別温泉」へ。

P1010742.jpg

♪ババンバ バン バン バン
いい湯だな いい湯だな
湯気が天井から ポタリと背中に
つめてエな つめてエな
ここは北国 登別の湯♪

P1010747.jpg

P1010755.jpg

本日は、ここで一泊。

P1000547.jpg

今宵は「中秋の名月」。
約数年ぶりの満月と相成りました。
しかも、晴れ渡る空に浮かんだ中秋の名月もまた、
久しぶり。

黒い模様は、月のうさぎが、モチをぺったんしている様子に見えますが、
西洋では、カニに見えたり、女性に見えたり。

国によって、またそれぞれの見方があるようです。

P1000390.jpg

マキノから、つづら尾崎を抜けて余呉湖へ。
湖北の旅は、最終回を迎えました。
大浦の海岸は、静かな晩夏の景色を見せてくれました。

P1000392.jpg

P1000396.jpg

湖北の旅の終点は、天女伝説の余呉湖。
何もないところですが、大津とは違った、のんびりとした時間を
与えてくれる場所です。

P1000398.jpg

湖北の旅のルート、今回はこのようなルートとなりました。

湖北の旅2011ルート

P1000386.jpg

奥琵琶湖のマキノ高原に続くメタセコイヤ並木は、
四季折々の顔を見せます。
北海道に来たかのような風景が、そこにあります。

P1000387.jpg

P1000388.jpg

P1000381.jpg

フェリーに乗って、竹生島を離れます。
竹生島の、起伏の激しい様子は、島の全容を見ると、
よくわかります。

ここでも、水上バイクに乗った若者が、
フェリーの航路後に出来た波紋を使って、
サーフィンをしています。

P1000380.jpg

P1000384.jpg

P1000385.jpg



P1000369.jpg

険しい崖を切り開いた竹生島は、
数百段もの階段が、幾重にも折り重なって
出来ています。

そんな階段の風景を集めました。

P1000371.jpg

P1000374.jpg

P1000377.jpg

明日は、いよいよ竹生島を離れます。

P1000370.jpg

竹生島の最上部にあるのが、「宝厳寺」。
日本三大弁才天のひとつを祭るお寺で、鮮やかな朱色の本殿と、
三重塔が目を引きます。

P1000372.jpg

宝厳寺観音堂と、竹生島神社を結ぶ、
渡り廊下は、なんと、豊臣時代からある重要文化財です。

P1000367.jpg

P1000368.jpg

あっという間の一時間。
そろそろ、帰りのフェリーが到着する頃です。

【本日のスポットの解説】
宝厳寺(ウィキペディア)

P1000362.jpg

琵琶湖八景(深緑)にも歌われる、竹生島は、
南側の岸壁に、寺社が立てられ、港には数件の土産屋が連なります。
船を降りて、竹生島めぐりには小一時間あれば、十分に回れ、
あとは、土産屋の前で休む、てな感じで参れます。

P1000364.jpg

竜神を祭る拝書で売っている、皿土器を購入。
ひとつには名前を書き、ひとつには願い事を。
それを、円盤投げのように放り投げる「かわらけ」が有名。

見事、鳥居をくぐれば、
願いが成就するという話です。

P1000365.jpgP1000366.jpg

竜神様を祭る拝殿には、
二体の蛇様が祭られていて、
右の蛇様には、金色の玉を咥えています。

ご利益ありそうだ。
こちらは、竹生島神社。本殿を渡って、階段を上ると、
宝厳寺に向かいます。

【本日のスポットの解説】
竹生島(ウィキペディア)
竹生島神社(ホームページ)

P1000357.jpg

今津港から、竹生島へ。
フェリーに乗って三十分ほどのクルージング。
既に、湖のまわりの山々には、入道雲がわきたとうとしていますが、
湖の上は、快晴です。

P1000359.jpg

P1000360.jpg

彦根や、長浜からも出ている竹生島へは、
ちょっとした、船旅気分が楽しめます。
やがて、竹生島に到着。

P1000363.jpg

明日は、いよいよ、湖北の小島「竹生島」へ上陸します。

P1000350.jpg

琵琶湖のほとりに、巨大な鳥居。
広島・宮島の厳島神社を思わせるのが、
湖北にある、「白髭神社」です。

P1000348.jpg

P1000351.jpg

長寿の神様として知られている神社。
近くには、ビーチがあって、ここから水上バイクにのった若者が、
鳥居の前を旋回しています。

ともあれ、奥びわこの玄関口にある、
ちよっとしたランドマークですね。

P1000354.jpg

【白髭神社の解説】(ウィキペティア)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。