CIMG1573.jpg

日本のマチュ・ピチュの異名を持つ「竹田城址」の後篇。

空が随分と近くに見えるのは、実は結構な高さに築かれた山城であるから。

現在に残る城壁の完成度は高く、

最近では高倉健の映画のロケにも使用されたそうな。

CIMG1580.jpg

CIMG1578.jpg

ひとつだけ巨大な一枚岩が石垣にはめ込まれているのは、

魔物除けの願いがかけられたからだとか。

今では、パワースポットとしてひそかな人気があるそうな。
スポンサーサイト

CIMG1560.jpg

険しい山道を登りきると、そこには、

歴史の浪漫漂わし天空の城跡があるとか、どうとか。

晩秋は雲海が絶景な、兵庫・但馬にある「竹田城跡」の風景の前篇。

眼下にはのどかな但馬のカントリーロードが広がるのです。

CIMG1542.jpg

P1020852.jpg

P1020854.jpg

CIMG1504.jpg

CIMG1510.jpg

二年ぶりの異人館。

数ある「撮影スポット」でも、「英国館」がおすすめ。

夜はバーになる、「パブ」はもともと、イタリアの酒場が発祥。

故に、御洒落さもまた、歴史あり。

CIMG1496.jpg

CIMG1505.jpg

CIMG1506.jpg

P1020838.jpg

P1020845.jpg

日光の華厳の滝、紀伊の那智の滝と数えられる日本の神滝

神戸の「布引の滝」。

華厳や那智よりは小ぶりなものの、迫力は抜群。

今年初の涼を、ひと足早くどうぞ。

P1020827.jpg

P1010201(HDRアートクラフト・強)

英国の名探偵といえば、シャーロック・ホームズ。
ベーカー街221Bに下宿し、モリアーティ教授と戦います。

異人館「英国室」の二階は、ホームズの部屋を再現。
この写真は、ご本人ではなく、人形です。

P1010202(HDRアートクラフト・強)

ホームズの部屋では、ホームズの多彩な趣味を匂わせる調度品が多数。
ここから名推理が幾つも飛び出してきた・・・という訳ですな。

P1010189(HDRアートクラフト・強)

大正末期に建てられたチューダー様式の三連式塔屋が特徴の「山手八番館」。
ロダン他、世界各国の彫刻や仏像がズラりと並びます。
テレビで特集され、話題となった座れば願いが叶うという「サターンの椅子」には、
行列ができていました。

P1010187(HDRアートクラフト・強)

ドン・キホーテの仲間もいるよ。

P1010188(HDRアートクラフト・強)

P1010195(HDRアートクラフト・強)

異人館の中でも、お気に召したのが「英国館」。
どこよりも御洒落で、英国紳士の気品漂う調度品やイングッシュバーが魅力。

典型的なコロニアルスタイルの館の一階に作られた
ビクトリア時代のバーでは、夜には名酒を味わえます。

P1010191(HDRアートクラフト・強)

P1010196(HDRアートクラフト・強)

P1010200(HDRアートクラフト・強)

P1010204(HDRアートクラフト・強)

さて、問題です。
ロンドンのベーカー街・221B室に下宿していた人は誰?。

ヒントは、英国の名探偵。

P1010203(HDRアートクラフト・強)

P1010184(HDRアートクラフト・強)

明治38年に居留地に建てられ、その後移築された「うろこの館」。
天然石のスレートで飾った綺麗な外壁は、文字通りの意匠。
美術館と一体になっていて、二階の窓から神戸の街並みが展望できます。

P1010172(HDRアートクラフト・強)

P1010181(HDRアートクラフト・強)

館内には、手の込んだ装飾が施された調度品が
季節に応じたスタイルで展示されています。

P1010176(HDRアートクラフト・強)

P1010177(HDRアートクラフト・強)

当時を偲ばせる部屋も展示。
神戸は、日本ゴルフ発祥の地。ゴルフ好きだった主の様子も垣間見えます。

P1010183(HDRアートクラフト・強)

P1010168(HDRアートクラフト・強)

神戸はその昔より、海外交易の港として栄え、
多くの外国人が居住していました。中でも「北野」と呼ばれる、
山手に位置する場所一帯は、外国人の居留区として、多くの異人館が建て並び、
今では観光名所となっています。

もともと、ドイツの貿易商の私邸だった「風見鶏の館」。
北野に現存する異人館の中で唯一の煉瓦造りの建物で、明治42年築。
尖塔上の「風見鶏」は、この街のシンボルであり、
随分前に、朝のテレビ連続小説の舞台にもなっています。

P1010169(HDRアートクラフト・強)

淡いグリーンの外壁が鮮やかな「萌黄の館」。
明治36年築で、米国総領事ハンター・シャープの旧邸です。

P1010190(HDRアートクラフト・強)

大正4年築の旧ドレウェル邸の「ラインの館」。
ここは無料公開され、阪神大震災のテーマ展示をしています。

P1010206(HDRアートクラフト・強)

明治後期に建築された「旧パナマ領事館」。
ヒルトン邸として建てられた、白亜の中に、緑がアクセントの建物。

まだまだ、北野の異人館めぐりは続きます。廻りきれない異人館は沢山ありますが、
明日からは、その中から、「うろこの館」「山手八番館」「英国館」を紹介します。

P1010245.jpg

P1010252.jpg

神戸駅から徒歩15分。
湾岸にある「神戸モザイク」から、対岸のポートタワーの夜景。
メリケンパークから、モザイクまでの一帯で、好きな角度から、お手軽に、
様々に美しい夜景が被写体になります。

神戸モザイクは、結構美味しいレストランが軒を連ね、
中でも、ここの洋食屋と、インドカレーの店が秀一です。

P1010249.jpg

決して高速回転はしていません。
神戸湾岸地区のもう一つのランドマーク、モザイクの観覧車。
運が良ければ、透明な観覧車に乗ることができます。

P1010246.jpg

P1010250.jpg

半円状のユニークな建物は、メリケンパークのオリエンタルホテル。
そして、灯台。
デザインに斬新さが見える神戸と言えば、代表的な建築もまた夜景に映えるのです。

P1010241.jpg

鼓のような、そして冬のオリオン座のようなフォルムの塔。
神戸のランドマーク「ポートタワー」です。

この周辺にはユニークな建物が沢山。
神戸ポートタワーの奥にある、海洋博物館のテント状の屋根が
対になれば、見事な被写体になります。
結婚式の写真にも、よく撮られるのでしょうか?。
結婚式を終えたカップルがカクテルドレスのまま、写真撮影してます。

P1010240.jpg

P1010242.jpg

ポートタワーから対岸の神戸モザイクと、神戸随一の観覧車の夜景が、
その目を楽しませてくれます。
実はモザイクから見た、ポートタワーの夜景もまた、格別なのです。

P1010236.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。