1318735902AsrxVvKU.gif

東京の締めくくりに、江戸のコナモノ「もんじゃ焼き」に行きました。
湾岸地区の月島という街に、もんじゃ焼の店が群設していて、
街おこしか、月島もんじゃというスローガンで、売り出しています。

その数、十数店舗のもんじゃ焼屋あり。

関西人にとっては、この流体の食べ物はちょっと衝撃。
食べてみてわかったことは、やはり、関西人はお好み焼かな。。

文化を楽しみに、一度訪れてみては。

スポンサーサイト

P1000818_B.jpg

六本木ヒルズの屋上は、時間帯限定の屋上展望台が広がっています。
ここから見ゆる夕景は抜群。
これまでの東京の景色をすべて一望できるのでありんす。

P1000780_B.jpg

P1000781_B.jpg

まずは、東京タワーと、新東京タワー(東京スカイツリー)の共演。

P1000787_B.jpg

DSCF3570.jpg

続いて、東京都庁と周辺のビル群。日本屈指の摩天楼もこじんまり。

DSCF3583.jpg

DSCF3584.jpg

夕陽に照らされ、富士山の輪郭が顔を出しました。
きれいな円錐の形、故に、マウント・フジはすぐにわかります。

夕暮れになると、秋の薄雲がたなびき、あっという間の雲隠れ。
ここから富士山を見るのも、運なんですね。

P1000768_B.jpg

東京照片のラストを飾るのは、再び六本木ヒルズ。
ここで、東京の夕景を収めたいと思います。

しかしながら、六本木ヒルズは、森タワーを中心とする
幾つものビル群からなるエリア一帯をさします。
近くは、テレビ朝日の社屋もあり、東京タワーも間近に見えます。
ビルの廻りも、ポイントは沢山ありけり。

P1000769_B.jpg

P1000771_B.jpg

P1000773_B.jpg

P1000775_B.jpg

テレビ朝日といえば・・・。
ありました。看板キャラの「僕、ドラえもん」。

P1000776_B.jpg

P1000765_B.jpg

渋谷は、東京でも指折りの繁華街。
シブヤ系の独自のファッション文化も息づき、ドラマのロケ地も利用され、
ハチ公像、渋谷109など、様々なポイントを兼ねそろえる街です。

今日は、赤坂を起点にお祭りもあって、
かなりの混雑をしておりました。

P1000753_B.jpg

P1000755_B.jpg

P1000758_B.jpg

P1000759_B.jpg

P1000762_B.jpg


P1000732(HDRアートクラフト・中)

新宿の都庁周辺は、首が痛くなるような摩天楼がズラリ。
東京の都心のオフィス中心街は、日本を代表する高層ビル群の
オン・パレードな景色があるのです。

P1000735(HDRアートクラフト・中)

P1000736(HDRアートクラフト・中)

P1000740(HDRアートクラフト・中)

P1000747(HDRアートクラフト・中)

新宿といえば、スタジオ・アルタ。
ここでは、サングラスがトレードマークのあの方が、
平日のお昼時、お茶の間をジャックするのです。

P1000749(HDRアートクラフト・強)

P1000750_B.jpg


P1000719(HDRアートクラフト・中)

ジブリ美術館の中庭は、
「ハウルの動く城」で登場した、ソフィーの家の中庭っぽい風景があります。
美術館の最後は、このあたりの風景をキャッチします。

P1000709(HDRアートクラフト・強)

P1000712(HDRアートクラフト・中)


P1000713.jpg

P1000727.jpg

ジブリ美術館には、当日券がなく、人数制限があるため、
前月から売り出される前売券を購入する必要があります。

一時のように、売り出して数日で売り切れるようなことは、多分、
なくなったとは思いますが、依然人気ある施設で、
連休などは、そうそうに売り切れてしまうそうです。

P1000704(HDRアートクラフト・中)

引き続き、「ジブリ美術館」より。
屋上には、鋼鉄製のリアルな「天空の城ラピュタ」に登場する
ロボット兵が待っています。

その高さ、およそ三メートル。
意外と、威圧感があります。

DSCF3518.jpg

ロボット兵の背後に、秘密の抜け道発見。
奥を進むと、ラピュタ内部の石碑がありました。

P1000706(HDRアートクラフト・強)

美術館には、マンホールのデザインひとつとっても拘りがあります。

P1000717(HDRアートクラフト・強)


窓にも拘りがあり・・・。
はっ、真っ黒くろすけが詰まっているっ!!

P1000715.jpg

P1000726(HDRアートクラフト・中)

美術館のキップはここで買って・・・ナヌっ?!、トトロ?。
ここはジブリ美術館のニセ受付口、そして、係は何故かトトロです。

残念ながら、館内は撮影禁止のため、その様子はお届けできませんが、
遊び所万歳の展示が各所にあります。

P1000731(HDRアートクラフト・強)

ジブリ美術館の建物は、「未来少年コナン」に出てくる近未来的な建物と思いきや、
蔦に覆われた塔のような螺旋階段や、
色鮮やかなイタリア風の外壁など、その見かたで、
色々な顔を見せるのであります。

P1000724.jpg

P1000701(HDRアートクラフト・強)

P1000721.jpg

P1000720.jpg

映画館が併設されていて、ここでしか見ることが出来ない映画が見れます。
今回は「メイとこねこバス」。

となりのトトロの続編というか、スピンオフ作品。
なんと、猫バスには子供がいた???

そして、化け猫新幹線、化け猫セスナ機、化け猫宇宙船・・・。
メイちゃんと、猫●●●が、山ほど登場する、ユニークな映画でした。

P1000698(HDRアートクラフト・中)

新宿から中央線に乗って二十分。
閑静な住宅地が広がる「三鷹」に到着。

近くに、井の頭公園があり、
緑にあふれた街でもあるのです。

井の頭公園の一角には、「三鷹の森・ジブリ美術館」があります。
そして、三鷹の街の至るところに、ジブリのキャラが満載。
バス停にも、トトロを発見。

P1000697(HDRアートクラフト・中)

P1000699(HDRアートクラフト・中)

勿論、バスにも、妙な生き物キャラ万歳。

少し走れば、ジブリ美術館に到着。
明日は、美術館に突入します。

P1000723.jpg


P1000677.jpg

今週のハイライト。
「六本木ヒルズ」の夜景を楽しみましょう。
数ある夜景スポットの中では、ここから見える夜景が抜きんでています。
東京タワーが間近にあるので、その夜景も、素晴らしいものがあります。

P1000691.jpg

P1000688.jpg

P1000689.jpg

P1000693.jpg

P1000694.jpg

さて、明日は、今回の東京旅行のメインイベント、
「三鷹の森・ジブリ美術館」に向かうとしましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。